JAPANESE CRAFT GIN 漣の評価とレビュー

ジャパニーズ・クラフトジン 漣  720ml【ジン】

JAPANESE CRAFT GIN 漣

個人評価 ★★☆☆☆
入手し易さ ★☆☆☆☆
初心者向け度 ★☆☆☆☆
価格帯 ¥2,680 (mlあたり¥3.72)
ボタニカル

ジェニパーベリー、コリアンダー、ゆず、山椒、茶、桃など

Floral ★★★☆☆
Fruity ★★★★☆
Spicy ★★★★☆
Herb ★★☆☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★☆☆

 

クラフトジンを飲み比べていると、時たま見たことも聞いたこともない銘柄に出くわすことがあります。小規模な酒造メーカーが、実験的に挑戦しているケースも多く、ググって見ても公式サイトすら出てこないこともあります。

今回ご紹介する「JAPANESE CRAFT GIN 漣」もそうした類の「何も情報のない」ジンになります。

このジンを見つけたのは、いつもお世話になっているビックカメラの酒販コーナーでした。

初めて見る小綺麗なボトルのジンだなあと思い、手許のスマホで調べてみても何も出てこず、パッケージに記載のある「南アルプスワインアンドビバレッジ」の名前で出てきたサイトで製品一覧を見てみても記載はありません。何者なんだお前は。

2680円は、このサイズのジンにしてはお求めやすい価格ですが、溝に捨てても惜しくない金額ではありません。味の手がかりになるのは裏面に記載されていた

国産スピリッツと甲斐の命数をベースに厳選された5種類のボタニカルと日本産柚子を浸漬し香りを引き出し、小型の蒸留器で丁寧に蒸留しました。

職人の手で丹精込めて仕上げられたまさにジャパニーズクラフトジンと呼ぶべき一品です。

折り重なるボタニカルの香りと、柚子の特有のシトラス刑の爽やかな香りをお楽しみください。

との記載だけです。

これだけで購入するのは中々勇気が入りましたが、新しいジンとの出会いに対する好奇心を抑えきれずに買っちゃいました笑

今後に期待のフルーティーでスパイシーな辛口ジン

結論から言うと、思ったよりは悪くなかったです。

この手の情報量の少ないジンは、ちょびっと香り付けだけした焼酎であること多いのですが、この漣には芋や麦の臭みはありません。

5種類のボタニカルの正体は、ビックカメラのホームページに記載がありましたが、ゆず・山椒・茶といった国産ジンあるあるのメンツに加えて「桃」の存在が目を引きます。確かに、言われてみれば、ほんのりフルーツの甘みを感じる気がします。

ただ全体的には、ボタニカルの力が弱く、ベースのスピリッツの辛さの印象が強い感じです。

方向性としては面白いし、是非頑張っていって欲しいところですが、現状としてはまだまだって感じかな。

ただ最近は、闇雲に買ってみても飲める程度のレベルには国産ジンも育ってきている実感が出来たのが、なんとなく嬉しいですね。

 

購入先 

タンカレー マラッカの評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20210411213704p:plain

タンカレー マラッカ

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ ★★☆☆☆
初心者向け度 ★★★☆☆
価格帯 ¥3,756 (mlあたり¥3.75)
ボタニカル

アンジェリカ、シナモン、コリアンダー、ジュニパーベリー、リコリス、ナツメグ

Floral ★★☆☆☆
Fruity ★★★★☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★☆☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★★☆

いつもよく行く酒屋さんに、ちょっと変わったものがあったのでトライしてみました。

タンカレーは、比較的ポピュラーなジンですが、なんと1830年創業の非常に歴史のある蒸溜所です。タンカレーマラッカは、その創業当初の味を再現したプレミアムモデルになります。

いまより蒸留技術が発達していなかった時代、人は粗悪な味をごまかすために砂糖が加えられていました。そのため今よりもずっと甘かった。これがいわゆるオールド・トム・ジンですね。

その後、雑味がなく甘くないロンドン・ドライ・ジンに時代の流れはシフトしていきますが、このあまーいジンもなかなか悪くないもんです。

このタンカレーマラッカは、当時のレシピを再現したとのことですが、さてさてお味の方はどうでしょうか。

ほんのり甘口で歴史の香り

 

20160820200355

オールド・トム・ジンは、前にヘイマンズのものをレビューしましたので、そちらと飲み比べるつもりで味わってみました。

www.craft-gin.info

タンカレー・マラッカですが、そんな甘くは無いですね笑

オリジナルのタンカレーと比べると、ほんのり甘めは強めで、ジュニパーベリーの香りは弱めかもしれませんが、言われてみないとそこまで感じないレベルですね。

「今日は甘いジンを飲むぞ!」という気持ちで飲むと、拍子抜け・・・というかガッカリすると思います笑

どちらかというと、ボタニカルの香りが抑えめなほうが特徴かもしれませんね。ジン臭くなく、さっぱりと楽しめるので、食中酒として楽しむのにも良いかも。

お値段はそこまで高くないので、試してみるのは悪くないけど、そこまで積極的にオススメする感じではないかなあ。カクテルのベースにするには、その主張のなさをどう使うかが腕の見せどころかもしれませんね。

購入先

ビーフィーター24の評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20210404232323p:plain

(画像出典:ビーフィーター 24 -BEEFEATER 24- サントリー

ビーフィーター 24

個人評価 ★★★★☆
入手し易さ ★★★★☆
初心者向け度 ★★★★☆
価格帯 ¥3270 (mlあたり¥4.67)
ボタニカル

日本の煎茶、中国緑茶、グレープフルーツピール、レモンピール、アーモンド、オレンジピール、コリアンダーの種、オリスの根、リコリス、アンジェリカの根、ジュニパーベリー、アンジェリカの種

Floral ★★★☆☆
Fruity ★★☆☆☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★★☆☆
Bitter ★★★★☆
Sweet ★★★☆☆

 2回連続でビーフィーターですいません。超メジャーブランドなので、ブログタイトルの「クラフトジン」からは外れちゃいますが、ジンならまあ良いんじゃね?くらいの軽い気持ちで読んで貰えればありがたいです笑

ジンというお酒は一旦蒸留したスピリッツにボタニカルを加えて再度蒸留して作るのですが、その際に

  1. スピリッツにボタニカルを浸した上で再蒸留する
  2. スピリッツを再蒸留する際にボタニカルの間を通す

の2パターンの作り方があります。

このジンは、1の方法で24時間侵漬(スティーピング)するため「ビーフィーター24」という名前にしたそうです。

f:id:lacucaracha:20210404234103p:plain

(出典:製法と種類 3.ジン スピリッツ入門 Liqueur & Cocktail サントリー)

で、使用するボタニカルの種類によって、それぞれの個性が出るわけですね。このジンのボタニカルを見ると「日本の煎茶」「中国緑茶」が特徴となります。

公式サイトを見ると、ビーフィーターのマスターディスティラーであるデズモンド・ペインは、日本に滞在しているときに、「茶」のボタニカルとしての可能性に気付き、そこからインスピレーションを得ることでビーフィーター24が誕生しました。

日本で流通しているトニックウォーターはロンドンのものに比べ苦味が弱く、日本のジントニックはデズモンドにとって少し物足りないものでした。

そこでデズモンドは冷やした緑茶でジントニックを作ってみたところ、その味の組み合わせが素晴らしく、その先18ヶ月の間、様々な茶とボタニカルの組み合わせを実験した末、このプレミアムジンを完成させました。日本の煎茶と中国の緑茶を含む厳選された12種類のボタニカルの組み合わせが、ビーフィーターの特長であるシトラスの味わいを残しながらも独特の香りとスムースな口当たりを実現しています。
非常にスムースでミキサビリティが高いため、あらゆる種類のカクテル作りに最適で、世界中のトップバーテンダーたちに支持されています。

ABOUT | -BEEFEATER 24- サントリー

日本では、トニック・ウォーターの苦味成分となるキニーネが諸々の過去の経緯で含まれていないため、ロンドンから来た人には少しパンチが弱く感じるのでしょう。そこで

「苦味足らへんのやったら元から苦くしとけばええんとちゃうか?」

とひらめき、茶ベースのジンが産まれた。ということだそうな。

国産ジンより茶の良さを掴んでいるかも

f:id:lacucaracha:20210405000450p:plain

さて、お茶を使ったジンと言えば、真っ先に思い浮かべるのは「季の美」ですね。

www.craft-gin.info

あとは、季の美ほど全面に打ち出してはいませんが、ROKUもお茶をボタニカルに加えているジンです。あとは地味に桜尾ハマゴウなんかにも入ってたかな。

 

これらのジンと飲み比べてみると、ビーフィーター24のほうが茶のテイストを全面に出すことに躊躇が無い感じがしますね。

苦味もですが、茶の旨味も上手に引き出せている感じがします。

国産ジンのほうが「こんなのジンじゃねえ!」と怒られることを恐れてか(?)ちょっとお茶を前面に出すことに及び腰になっているように思えます。

ビーフィーター24は、誰もが知ってる「ビーフィーター」の看板もあるからか、一口目からガツンと「あ、お茶だ」と全開でやってきてくれる感じですね。もちろん後から、ジュニパーベリーやグレープフルーツピール・レモンピールも追いかけてきてくれます。

お値段も中クラスですし、なんだかお株を奪われた感じがします。

国産ジンも、負けずに頑張っていってほしいですね。

購入先

ビーフィーター ピンクストロベリーの評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20210401233234p:plain

(画像出典:BEEFEATER PINK STRAWBERRY

ビーフィーター ピンクストロベリー

個人評価 ★★★★☆
入手し易さ ★★★☆☆
初心者向け度 ★★★★★
価格帯 ¥1500 (mlあたり¥2.14)
ボタニカル

ジュニパーベリー、セビルオレンジピール、アーモンド、オリスの根、コリアンダーの種、アンジェリカの根、リコリス、アンジェリカの種、レモンピール

Floral ★★☆☆☆
Fruity ★★☆☆☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★☆☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★★★

今日は、見た目にも鮮やかなピンク色のストロベリーフレーバーのジンのご紹介です。

いまやクラフトジンブームは世界的に広がりつつあります。百花繚乱多種多様なジンが産まれ、その裾野はどんどんと広がっています。

で、更に市場を拡大するため、ジンに馴染みの無かった人に向けて、メジャーブランドからフレーバージンを打ち出すケースが増えて来ています。以前紹介したラングプールなんかもそうですね。

www.craft-gin.info

「なんとなく興味はあるけど、どうやって楽しんだらいいかわからーん」というミレニアル世代の若者に向けて、かんたんお手軽に割るだけでも十分楽しめるフレーバージンを押し出して行こう!という流れみたいなんですね。

こちらのジンも、ジンが大流行しているスペインで、試しに出してみたところ大当たりしたため、ヨーロッパ各国、そして世界57カ国で展開することになったそうな。

まずはお手軽に楽しめるストロベリーフレーバーから試してみて、気に入って貰ったら「本家」でカクテルにも挑戦してくれったらいいなー、といった流れにしていきたいみたいですね。

インスタ映えする入門用お手軽ジン

というわけでブームに乗って(?)試してみました

雑にトニックウォーターで割ってみましたが、いやあ、これ凄く美味しいですよ。

しっかりストロベリーの味がするけど、ジンっぽさもしっかり出てる。おうちデートで連れ込んだ女の子に出したら、甘ったるい割に度数も高いし、一撃で酔わせられるんじゃないですかねw

そしてグラスに注いだときの色が良いですねー。

この手のフレーバージンは、これジンか?と言いたくなるような換骨奪胎された何かになってることも多いのですが、ストレートでじっくり飲んでみたら、結構ちゃんとしたジンです。

根っからのジン好きの人にとっては、うまい・まずいでいうと「なんだこのゲテモノは」って感じがするかもしれませんけど、スロー・ジンだってあるし、これもこれで良いんじゃないでしょうか。

飲み方としては、ストレートでも全然楽しめますけど、これをベースに色んなカクテルに挑戦するのも凄く面白いと思いますよ。何より安いのが有り難いですね笑

購入先

BLOOMの評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20210302001138p:plain

(画像出典:London Dry Gin - BLOOM Gin

BLOOM

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ ★★★☆☆
初心者向け度 ★★★☆☆
価格帯 ¥3300 (mlあたり¥4.71)
ボタニカル

アンジェリカ、カモミール、コリアンダー、キューブペッパー、ハニーサックル、
ジュニパー、ポメロ

Floral ★★★★★
Fruity ★★★☆☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★★☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★☆☆☆

BLOOMと聞くと、ロフトあたりに良く入っているお手頃価格のアクセサリー屋さんでペアリングを買ったのを思います。あそこ、ジンも作ってたの?って思っちゃいますが、直接こちらは関係ありません笑

製造しているのは、イギリスで2番目に大きく、250年以上の歴史を持つG&J グリーナルです。またBLOOMは、世界初の女性マスターディスティラー(蒸留責任者)が生み出したジンです。

ちなみにこの方、オピーアを作った人でもあります。

www.craft-gin.info

パッケージを見ても非常に女性的なジンですが、かなり明確に女性層を意識して作られた感じがしますね。

華やかでフローラルな辛口ジン

Amazon.co.jp: ブルーム ジン 40度 700ml: 食品・飲料・お酒

 

ボタニカルは、カモミール、スイカズラ、ザボンなど、見た目同様かなり華やかさとフローラルさを感じさせます。まるで春のイングリッシュガーデンのような、暖かでにぎやかな感じのするジンです。

ただ逆に言うと、甘み・酸味・苦味については仄かに香る程度で、度数もそこそこ高い(40度)なので、人によっては、かなり辛口に感じるかもしれません。

単体で飲んでもイケるジンですが、個人的にはジンライムやジンフィズなど、フルーツベースのシンプルなカクテルで味わうのもまた中々良いんじゃないかなあと思いますね。

購入先

ブルーム ジン 40度 700ml

ブルーム ジン 40度 700ml

  • メディア: Wine
 

ボンベイ・サファイアイースト(東)の評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20210222002724p:plain

(画像出典:Bombay Sapphire East Dry Gin

ボンベイ・サファイアイースト(東)

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ ★★☆☆☆
初心者向け度 ★★☆☆☆
価格帯 ¥3279 (mlあたり¥3.28)
ボタニカル

ジュニパーベリー、レモンピール、コリアンダー、アンジェリカ、オリス、
レモングラス、ギニア生姜、ヒッチョウカ、シナニッケイ、アーモンド、
リコリス、黒胡椒

Floral ★★★☆☆
Fruity ★★★☆☆
Spicy ★★★★☆
Herb ★★★★☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★☆☆

ボンベイ・サファイアと言えば、ジン好きな人じゃなくとも名前の聞いたことのある人も多い銘柄でしょう。おそらく、ビーフィーター・ギルビーの次あたりに有名なんじゃないでしょうか。

ボンベイ・サファイアのシリーズとしては、プレミアムバージョンのスター・オブ・ボンベイが有名ですね。また、辛口のボンベイドライ・ジンなんてものもあります。このイーストは、名前通り東アジア風ブレンド、ということになります。

タンカレーのラングプールにせよ、オリエンタルなイメージのフレーバー・ジンが流行ってるんでしょうか? 使用しているボタニカルを見ても分かる通り、ブラックペッパーやレモングラスを中心としたスパイシー系のジンとなります。

初心者向けスパイシージン

f:id:lacucaracha:20210222004130p:plain

ジンも飲み慣れてくると、ちょっと刺激のあるものに挑戦したくなります。

ブラックペッパーやレモングラスをベースに南アジア・東アジアのテイスト強めのスパイシージンは、一通り有名所のジンを試したあとに挑戦するのにもってこいですね。

スパイシー系のジンの代名詞と言えば、なんといってもオピーアでしょう。

www.craft-gin.info

最初にこれを飲んだときは「こ、これもジンなのか」と衝撃を受けたもんです。それこそインドのボンベイにいるかのような感覚になれます笑

そういう点においては、このボンベイ・サファイアイーストも「ボンベイ」を冠するだけに、スパイシー系のフレーバーを出してくるのは、もはや当たり前のような気もしますね。

と、横道にそれちゃいましたが、このボンベイ・サファイアイーストを頂いた感想ですが、思った以上にフツーなんですよねえ。オピーアみたいな混乱もなければ、なんなら土臭さの強いオリジナルのボンベイ・サファイアよりも飲みやすいかも笑

ハッキリ言って、無難なジンです。それだけに、スパイシー系のジンは初挑戦の人にはすごく良いかもしれません。

期待しすぎると、ガッカリするかもしれないけど、逆にこれは無いわあ・・・とハズレを引いた感覚になることも少ないでしょう。

お値段的にもチャレンジしやすい水準ですし、まずは非日常の入り口としてトライしてみるのも良いかもですね。

購入先

 

仙醸クラフトジン桜蔵(SAKURA)の評価とレビュー

仙醸クラフトジン桜蔵(SAKURA)

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ ★☆☆☆☆
初心者向け度 ★★☆☆☆
価格帯 ¥3300 (mlあたり¥6.6)
ボタニカル

ジュニパーベリー、タカトウコヒガンザクラ、他

Floral ★★☆☆☆
Fruity ★★☆☆☆
Spicy ★☆☆☆☆
Herb ★☆☆☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★★☆

クラフトジンを飲み比べていると、ときたま「なんじゃこりゃ」という商品に行き当たることがあります。

というのも、地方で細々と焼酎や地酒を作っていた酒蔵が、生産設備を生かして「いっちょやっちゃるで」と作ったものが溢れていて、ボタニカルの説明などもまともなことが無いケースも多々あります。

今回、ご紹介する桜蔵はその最たるケースでしょう。

製造元が長野県伊那にある慶応2年創業の「株式会社仙醸」であることは間違いなさそうなのですが、細かな情報どころか公式サイトには何の情報もありません涙

ネットで検索してみても、

  • ソムリエの高野豊氏が監修
  • イオンでしか販売していない
  • ボタニカルにタカトウコヒガンザクラが使われている

くらいの情報しか有りません。地雷の香りもプンプンしますが、ボトルがめちゃくちゃ可愛いかったので、ものは試しとトライしてみました。

米の香りが際立つ新しいタイプの焼酎ジン

 

f:id:lacucaracha:20201230044647p:plain

普段はボトルデザインなんてたいして気にしないたちですが、これは中々イケてます。ラベルの絵は、シンガポールのフィンガーペインティングアーティストのアデリーン・ヨー・松﨑さんという方のものだとか。全部指で描いているんですって。

ボトルもガラスキャップで中々のこだわりようです。ここまでパッケージデザインに力を入れるのに、なぜ商品紹介のページすら作らないのでしょうか。不思議でなりません。と脱線はさておき、問題は味の方です。

一口含んですぐに分かる。猛烈に米を感じます笑

メーカーの仙醸酒造さんは、清酒に甘酒どぶろくと、米を使ったお酒がメインの酒蔵のようで、この桜蔵のベースもおそらくライススピリッツでしょう。そういう意味では、焼酎ジンのカテゴリに入れてよいと思います。

ただしっかり桜のフレーバーもついていますし、すっごく米の甘さが強いのですが、これは十分に「ジン」を名乗っても良いんじゃないでしょうか。むしろ新しいカテゴリのジンとして、全く通用すると思います。

ちょっと小洒落たレストランで、出してみても良いでしょうし、今後の発展が凄く楽しみな商品なので、是非マーケティングのほうにも力を入れていって欲しい次第です。