ビーフィーター24の評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20210404232323p:plain

(画像出典:ビーフィーター 24 -BEEFEATER 24- サントリー

ビーフィーター 24

個人評価 ★★★★☆
入手し易さ ★★★★☆
初心者向け度 ★★★★☆
価格帯 ¥3270 (mlあたり¥4.67)
ボタニカル

日本の煎茶、中国緑茶、グレープフルーツピール、レモンピール、アーモンド、オレンジピール、コリアンダーの種、オリスの根、リコリス、アンジェリカの根、ジュニパーベリー、アンジェリカの種

Floral ★★★☆☆
Fruity ★★☆☆☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★★☆☆
Bitter ★★★★☆
Sweet ★★★☆☆

 2回連続でビーフィーターですいません。超メジャーブランドなので、ブログタイトルの「クラフトジン」からは外れちゃいますが、ジンならまあ良いんじゃね?くらいの軽い気持ちで読んで貰えればありがたいです笑

ジンというお酒は一旦蒸留したスピリッツにボタニカルを加えて再度蒸留して作るのですが、その際に

  1. スピリッツにボタニカルを浸した上で再蒸留する
  2. スピリッツを再蒸留する際にボタニカルの間を通す

の2パターンの作り方があります。

このジンは、1の方法で24時間侵漬(スティーピング)するため「ビーフィーター24」という名前にしたそうです。

f:id:lacucaracha:20210404234103p:plain

(出典:製法と種類 3.ジン スピリッツ入門 Liqueur & Cocktail サントリー)

で、使用するボタニカルの種類によって、それぞれの個性が出るわけですね。このジンのボタニカルを見ると「日本の煎茶」「中国緑茶」が特徴となります。

公式サイトを見ると、ビーフィーターのマスターディスティラーであるデズモンド・ペインは、日本に滞在しているときに、「茶」のボタニカルとしての可能性に気付き、そこからインスピレーションを得ることでビーフィーター24が誕生しました。

日本で流通しているトニックウォーターはロンドンのものに比べ苦味が弱く、日本のジントニックはデズモンドにとって少し物足りないものでした。

そこでデズモンドは冷やした緑茶でジントニックを作ってみたところ、その味の組み合わせが素晴らしく、その先18ヶ月の間、様々な茶とボタニカルの組み合わせを実験した末、このプレミアムジンを完成させました。日本の煎茶と中国の緑茶を含む厳選された12種類のボタニカルの組み合わせが、ビーフィーターの特長であるシトラスの味わいを残しながらも独特の香りとスムースな口当たりを実現しています。
非常にスムースでミキサビリティが高いため、あらゆる種類のカクテル作りに最適で、世界中のトップバーテンダーたちに支持されています。

ABOUT | -BEEFEATER 24- サントリー

日本では、トニック・ウォーターの苦味成分となるキニーネが諸々の過去の経緯で含まれていないため、ロンドンから来た人には少しパンチが弱く感じるのでしょう。そこで

「苦味足らへんのやったら元から苦くしとけばええんとちゃうか?」

とひらめき、茶ベースのジンが産まれた。ということだそうな。

国産ジンより茶の良さを掴んでいるかも

f:id:lacucaracha:20210405000450p:plain

さて、お茶を使ったジンと言えば、真っ先に思い浮かべるのは「季の美」ですね。

www.craft-gin.info

あとは、季の美ほど全面に打ち出してはいませんが、ROKUもお茶をボタニカルに加えているジンです。あとは地味に桜尾ハマゴウなんかにも入ってたかな。

 

これらのジンと飲み比べてみると、ビーフィーター24のほうが茶のテイストを全面に出すことに躊躇が無い感じがしますね。

苦味もですが、茶の旨味も上手に引き出せている感じがします。

国産ジンのほうが「こんなのジンじゃねえ!」と怒られることを恐れてか(?)ちょっとお茶を前面に出すことに及び腰になっているように思えます。

ビーフィーター24は、誰もが知ってる「ビーフィーター」の看板もあるからか、一口目からガツンと「あ、お茶だ」と全開でやってきてくれる感じですね。もちろん後から、ジュニパーベリーやグレープフルーツピール・レモンピールも追いかけてきてくれます。

お値段も中クラスですし、なんだかお株を奪われた感じがします。

国産ジンも、負けずに頑張っていってほしいですね。

購入先

ビーフィーター ピンクストロベリーの評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20210401233234p:plain

(画像出典:BEEFEATER PINK STRAWBERRY

ビーフィーター ピンクストロベリー

個人評価 ★★★★☆
入手し易さ ★★★☆☆
初心者向け度 ★★★★★
価格帯 ¥1500 (mlあたり¥2.14)
ボタニカル

ジュニパーベリー、セビルオレンジピール、アーモンド、オリスの根、コリアンダーの種、アンジェリカの根、リコリス、アンジェリカの種、レモンピール

Floral ★★☆☆☆
Fruity ★★☆☆☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★☆☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★★★

今日は、見た目にも鮮やかなピンク色のストロベリーフレーバーのジンのご紹介です。

いまやクラフトジンブームは世界的に広がりつつあります。百花繚乱多種多様なジンが産まれ、その裾野はどんどんと広がっています。

で、更に市場を拡大するため、ジンに馴染みの無かった人に向けて、メジャーブランドからフレーバージンを打ち出すケースが増えて来ています。以前紹介したラングプールなんかもそうですね。

www.craft-gin.info

「なんとなく興味はあるけど、どうやって楽しんだらいいかわからーん」というミレニアル世代の若者に向けて、かんたんお手軽に割るだけでも十分楽しめるフレーバージンを押し出して行こう!という流れみたいなんですね。

こちらのジンも、ジンが大流行しているスペインで、試しに出してみたところ大当たりしたため、ヨーロッパ各国、そして世界57カ国で展開することになったそうな。

まずはお手軽に楽しめるストロベリーフレーバーから試してみて、気に入って貰ったら「本家」でカクテルにも挑戦してくれったらいいなー、といった流れにしていきたいみたいですね。

インスタ映えする入門用お手軽ジン

というわけでブームに乗って(?)試してみました

雑にトニックウォーターで割ってみましたが、いやあ、これ凄く美味しいですよ。

しっかりストロベリーの味がするけど、ジンっぽさもしっかり出てる。おうちデートで連れ込んだ女の子に出したら、甘ったるい割に度数も高いし、一撃で酔わせられるんじゃないですかねw

そしてグラスに注いだときの色が良いですねー。

この手のフレーバージンは、これジンか?と言いたくなるような換骨奪胎された何かになってることも多いのですが、ストレートでじっくり飲んでみたら、結構ちゃんとしたジンです。

根っからのジン好きの人にとっては、うまい・まずいでいうと「なんだこのゲテモノは」って感じがするかもしれませんけど、スロー・ジンだってあるし、これもこれで良いんじゃないでしょうか。

飲み方としては、ストレートでも全然楽しめますけど、これをベースに色んなカクテルに挑戦するのも凄く面白いと思いますよ。何より安いのが有り難いですね笑

購入先

BLOOMの評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20210302001138p:plain

(画像出典:London Dry Gin - BLOOM Gin

BLOOM

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ ★★★☆☆
初心者向け度 ★★★☆☆
価格帯 ¥3300 (mlあたり¥4.71)
ボタニカル

アンジェリカ、カモミール、コリアンダー、キューブペッパー、ハニーサックル、
ジュニパー、ポメロ

Floral ★★★★★
Fruity ★★★☆☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★★☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★☆☆☆

BLOOMと聞くと、ロフトあたりに良く入っているお手頃価格のアクセサリー屋さんでペアリングを買ったのを思います。あそこ、ジンも作ってたの?って思っちゃいますが、直接こちらは関係ありません笑

製造しているのは、イギリスで2番目に大きく、250年以上の歴史を持つG&J グリーナルです。またBLOOMは、世界初の女性マスターディスティラー(蒸留責任者)が生み出したジンです。

ちなみにこの方、オピーアを作った人でもあります。

www.craft-gin.info

パッケージを見ても非常に女性的なジンですが、かなり明確に女性層を意識して作られた感じがしますね。

華やかでフローラルな辛口ジン

Amazon.co.jp: ブルーム ジン 40度 700ml: 食品・飲料・お酒

 

ボタニカルは、カモミール、スイカズラ、ザボンなど、見た目同様かなり華やかさとフローラルさを感じさせます。まるで春のイングリッシュガーデンのような、暖かでにぎやかな感じのするジンです。

ただ逆に言うと、甘み・酸味・苦味については仄かに香る程度で、度数もそこそこ高い(40度)なので、人によっては、かなり辛口に感じるかもしれません。

単体で飲んでもイケるジンですが、個人的にはジンライムやジンフィズなど、フルーツベースのシンプルなカクテルで味わうのもまた中々良いんじゃないかなあと思いますね。

購入先

ブルーム ジン 40度 700ml

ブルーム ジン 40度 700ml

  • メディア: Wine
 

ボンベイ・サファイアイースト(東)の評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20210222002724p:plain

(画像出典:Bombay Sapphire East Dry Gin

ボンベイ・サファイアイースト(東)

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ ★★☆☆☆
初心者向け度 ★★☆☆☆
価格帯 ¥3279 (mlあたり¥3.28)
ボタニカル

ジュニパーベリー、レモンピール、コリアンダー、アンジェリカ、オリス、
レモングラス、ギニア生姜、ヒッチョウカ、シナニッケイ、アーモンド、
リコリス、黒胡椒

Floral ★★★☆☆
Fruity ★★★☆☆
Spicy ★★★★☆
Herb ★★★★☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★☆☆

ボンベイ・サファイアと言えば、ジン好きな人じゃなくとも名前の聞いたことのある人も多い銘柄でしょう。おそらく、ビーフィーター・ギルビーの次あたりに有名なんじゃないでしょうか。

ボンベイ・サファイアのシリーズとしては、プレミアムバージョンのスター・オブ・ボンベイが有名ですね。また、辛口のボンベイドライ・ジンなんてものもあります。このイーストは、名前通り東アジア風ブレンド、ということになります。

タンカレーのラングプールにせよ、オリエンタルなイメージのフレーバー・ジンが流行ってるんでしょうか? 使用しているボタニカルを見ても分かる通り、ブラックペッパーやレモングラスを中心としたスパイシー系のジンとなります。

初心者向けスパイシージン

f:id:lacucaracha:20210222004130p:plain

ジンも飲み慣れてくると、ちょっと刺激のあるものに挑戦したくなります。

ブラックペッパーやレモングラスをベースに南アジア・東アジアのテイスト強めのスパイシージンは、一通り有名所のジンを試したあとに挑戦するのにもってこいですね。

スパイシー系のジンの代名詞と言えば、なんといってもオピーアでしょう。

www.craft-gin.info

最初にこれを飲んだときは「こ、これもジンなのか」と衝撃を受けたもんです。それこそインドのボンベイにいるかのような感覚になれます笑

そういう点においては、このボンベイ・サファイアイーストも「ボンベイ」を冠するだけに、スパイシー系のフレーバーを出してくるのは、もはや当たり前のような気もしますね。

と、横道にそれちゃいましたが、このボンベイ・サファイアイーストを頂いた感想ですが、思った以上にフツーなんですよねえ。オピーアみたいな混乱もなければ、なんなら土臭さの強いオリジナルのボンベイ・サファイアよりも飲みやすいかも笑

ハッキリ言って、無難なジンです。それだけに、スパイシー系のジンは初挑戦の人にはすごく良いかもしれません。

期待しすぎると、ガッカリするかもしれないけど、逆にこれは無いわあ・・・とハズレを引いた感覚になることも少ないでしょう。

お値段的にもチャレンジしやすい水準ですし、まずは非日常の入り口としてトライしてみるのも良いかもですね。

購入先

 

仙醸クラフトジン桜蔵(SAKURA)の評価とレビュー

仙醸クラフトジン桜蔵(SAKURA)

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ ★☆☆☆☆
初心者向け度 ★★☆☆☆
価格帯 ¥3300 (mlあたり¥6.6)
ボタニカル

ジュニパーベリー、タカトウコヒガンザクラ、他

Floral ★★☆☆☆
Fruity ★★☆☆☆
Spicy ★☆☆☆☆
Herb ★☆☆☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★★☆

クラフトジンを飲み比べていると、ときたま「なんじゃこりゃ」という商品に行き当たることがあります。

というのも、地方で細々と焼酎や地酒を作っていた酒蔵が、生産設備を生かして「いっちょやっちゃるで」と作ったものが溢れていて、ボタニカルの説明などもまともなことが無いケースも多々あります。

今回、ご紹介する桜蔵はその最たるケースでしょう。

製造元が長野県伊那にある慶応2年創業の「株式会社仙醸」であることは間違いなさそうなのですが、細かな情報どころか公式サイトには何の情報もありません涙

ネットで検索してみても、

  • ソムリエの高野豊氏が監修
  • イオンでしか販売していない
  • ボタニカルにタカトウコヒガンザクラが使われている

くらいの情報しか有りません。地雷の香りもプンプンしますが、ボトルがめちゃくちゃ可愛いかったので、ものは試しとトライしてみました。

米の香りが際立つ新しいタイプの焼酎ジン

 

f:id:lacucaracha:20201230044647p:plain

普段はボトルデザインなんてたいして気にしないたちですが、これは中々イケてます。ラベルの絵は、シンガポールのフィンガーペインティングアーティストのアデリーン・ヨー・松﨑さんという方のものだとか。全部指で描いているんですって。

ボトルもガラスキャップで中々のこだわりようです。ここまでパッケージデザインに力を入れるのに、なぜ商品紹介のページすら作らないのでしょうか。不思議でなりません。と脱線はさておき、問題は味の方です。

一口含んですぐに分かる。猛烈に米を感じます笑

メーカーの仙醸酒造さんは、清酒に甘酒どぶろくと、米を使ったお酒がメインの酒蔵のようで、この桜蔵のベースもおそらくライススピリッツでしょう。そういう意味では、焼酎ジンのカテゴリに入れてよいと思います。

ただしっかり桜のフレーバーもついていますし、すっごく米の甘さが強いのですが、これは十分に「ジン」を名乗っても良いんじゃないでしょうか。むしろ新しいカテゴリのジンとして、全く通用すると思います。

ちょっと小洒落たレストランで、出してみても良いでしょうし、今後の発展が凄く楽しみな商品なので、是非マーケティングのほうにも力を入れていって欲しい次第です。

桜尾HAMAGOUの評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20190929214943p:plain

 桜尾HAMAGOU

個人評価 ★★★★☆
入手し易さ ★★☆☆☆
初心者向け度 ★★★★☆
価格帯 ¥3427 (mlあたり¥4.896)
ボタニカル ハマゴウ、ローズマリー、不知火、ラベンダー、緑茶、スペアミント、ジュニパーベリー、アンジェリカルート、リコリス、コリアンダー、バニラビーンズ、キャラウェイ
Floral ★★★★★
Fruity ★★★☆☆
Spicy ★★★☆☆
Herb ★★☆☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★☆☆☆

桜尾オリジナルは以前下記でご紹介しましたので、詳細は下記を御覧ください

www.craft-gin.info

 国産クラフトジンの中でも、桜尾オリジナルは飲みやすく、かつ桜尾独自の個性もしっかりと立っており、ビーフィーターやギルビーくらいしか飲んだことがないなあというひとにもオススメできる商品です。

いま多くのクラフトジン製造元では、メインとなるオリジナルラインの他に、更に通好みのカスタムラインも打ち出しています。HAMAGOUもそのひとつですが、さてどんな仕上がりになっているのかなと試してみました。

価格はAmazonで3427円ですが、大型の酒販店でも比較的取り扱いは多く、だいたい3000円くらいで手に入るため、比較的トライしやすい部類になるかと思います。

ジンの味の一番の決めてはボタニカルです。オリジナルでは下記のとおりでした。

ジュニパーベリー、レモン、夏みかん、 柚子、橙(だいだい)、ヒノキ、茶、赤しそ、生姜

柑橘のフルーツ感をベースに、フレーバーを加えてくるスタイルですね。

一方のハマゴウはこんな感じです。

ハマゴウ、ローズマリー、不知火、ラベンダー、緑茶、スペアミント、ジュニパーベリー、アンジェリカルート、リコリス、コリアンダー、バニラビーンズ、キャラウェイ

 そもそもハマゴウとは何者かというと、こんな感じのお花です。

(出典:ハマゴウ - Wikipedia

ローズマリーやラベンダーもそうですが、かなり「花の香」を重視した配合担っています。

飲み比べて分かるフローラル感

f:id:lacucaracha:20201230041015p:plain

20160820200355

ジンの評価項目の中の「フローラル」って、普通の人にはかなり分かりづらいと思います。なぜかというと、花の香り付けをするようなお酒はジンくらいだから。

例えば有名どころだと、ヘンドリクスとかBLOOMとかのような、ふわっとした香水みたいなジンが分かりやすいかもしれません。アレはアレで好きな人には大ウケするのですが、ちょっと初心者にはハードルが高いかもしれません。

このハマゴウは、そこまで強くフローラルによっておらず、初心者でも比較的飲みやすく、オリジナルと飲み比べてもらうと「ああフローラルってこういうことか」と分かりやすい商品になっています。

もちろん単体でも十分楽しめる商品ですが、フローラル系ジン入門編としても良い気がいたします。

購入先

タンカレー ラングプールの評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20201015010257p:plain

タンカレー ラングプール

個人評価 ★★★★☆
入手し易さ ★★★☆☆
初心者向け度 ★★★★☆
価格帯 ¥2,742 (mlあたり¥3.92)
ボタニカル

ジュニパー、コリアンダー、ラングプールライム、ベイリーフ、ジンジャーなど

Floral ★★★☆☆
Fruity ★★★★★
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★☆☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★★☆

スタンダードジンとしておなじみ、最近では、ナンバー10が人気のタンカレーのフレーバード版となる位置づけのジンですね。

最大の特徴は名前にも入っている「ラングプールライム」です。

和名では「姫レモン」なんて呼ばれ方もするみたいですが、果肉は赤く、一見するとオレンジのように見えるものの、味はライムに近い感じ。山椒のような香りもするんだとか。

なんでもマンダリンとシトラスの交配種らしく、甘さも苦さもしっかり引き継いだパンチのある香りの柑橘類です。

タンカレーラングプールは、このラングプールのテイストが非常に強く、まるでしぼりたてのライムを入れたかのような味わいが広がります。

イメージ的に言うと、紅茶で言えばアールグレイみたいな感じのジンですね。

現時点でジントニック用最強かもしれない


20160820200355

個人的に、いいジンはストレートで飲んで味わってほしいんですよね。

でもこのジンは別。

本当に文字通り、絞りたてのライムの味わいがします。またジンジャーも良い感じで効いている。このままトニックウォーターで割れば、速攻でパーフェクトなジントニックの出来上がりです笑

フレーバード・ジンとして代表的なものはスロー・ジンですが、結構趣味が分かれると思います。コチラのラングプールは、それこそ万人受けする即席カクテルが作れます。

甘さも十分ですし、ビター感もしっかりある。トニックウォーターで割ってみるのがおすすめですが、その他のカクテルにするのも良いでしょうねー。 

とりあえず、難しいこと考えずに「旨いジントニックが飲みたい!」って時にはお手軽で良いような気がします。お値段も手軽ですし是非!

購入先

補足

ちなみにこうした「割るだけお手軽ジン」としては、ビーフィーターのピンクストロベリーもおすすめです!