ニッカ カフェジンの評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20200508000353p:plain

(画像出典:ニッカ カフェジン|商品紹介|NIKKA WHISKY)

ニッカ カフェジン

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ

★★★☆☆

初心者向け度 ★★☆☆☆
価格帯 ¥4,717 (mlあたり¥6.74)
ボタニカル

ゆず、かぼす、甘夏、シークヮーサー、リンゴ、山椒、ジュニパーベリー、コリアンダー(シード)、アンジェリカ、オレンジピール、レモンピール

Floral ★☆☆☆☆
Fruity ★★★☆☆
Spicy ★★★★★
Herb ★★☆☆☆
Bitter ★★★☆☆
Sweet ★★☆☆☆

マッサンでおなじみのニッカウヰスキーの作るクラフトジンです。

さすがウイスキーメーカーだけあって、大麦・とうもろこしからお得意の「カフェ式蒸留器」を使って抽出したベースを使っているところの力の入れようが凄く良いですね。

大手メーカーの作るジンとしては、やはりサントリーの「ROKU」がライバルになると思いますが、あちらがどちらかというと「万人受け」を狙っているのに対し、「カフェ・ジン」は技で勝負!という感じが実にニッカらしくて良い商品です。

 

山椒は小粒でもぴりりと辛い

「複雑な個性あふれるカフェジン」のキャッチコピーにも負けず、口の中に含むと、まず非常に強い山椒の香りが広がります。

そこを追いかけるように、リンゴの風味とゆずやかぼすの柑橘系の香りが広がる。そんな感じの商品ですね。

サントリーのような大資本でもなく、京都蒸溜所のようなジン専門の会社でもない。本業はウイスキーのニッカが、知恵を絞って今ある設備も十分活用しながら作ったジンという意味では大変好感は持てます。

ただでも、ちょーーーっと山椒強すぎません?(笑)

山椒の圧が強すぎて、他のボタニカルや、せっかくのカフェエキスの存在感が薄れてしまっているような気がします。何の個性もないジンをよりは、個人的には評価しますが、ちょっとここまで強いと人を選んでしまうような気がしますね。

逆に言うと、他のものに負けないだけの強さを持っているので、カクテルを作るには良いかもしれませんね。

万人にはオススメしませんが、まずは味見して合うかどうかを試してからが良いように思いますね。

 

購入先