仙醸クラフトジン桜蔵(SAKURA)の評価とレビュー

仙醸クラフトジン桜蔵(SAKURA)

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ ★☆☆☆☆
初心者向け度 ★★☆☆☆
価格帯 ¥3300 (mlあたり¥6.6)
ボタニカル

ジュニパーベリー、タカトウコヒガンザクラ、他

Floral ★★☆☆☆
Fruity ★★☆☆☆
Spicy ★☆☆☆☆
Herb ★☆☆☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★★☆

クラフトジンを飲み比べていると、ときたま「なんじゃこりゃ」という商品に行き当たることがあります。

というのも、地方で細々と焼酎や地酒を作っていた酒蔵が、生産設備を生かして「いっちょやっちゃるで」と作ったものが溢れていて、ボタニカルの説明などもまともなことが無いケースも多々あります。

今回、ご紹介する桜蔵はその最たるケースでしょう。

製造元が長野県伊那にある慶応2年創業の「株式会社仙醸」であることは間違いなさそうなのですが、細かな情報どころか公式サイトには何の情報もありません涙

ネットで検索してみても、

  • ソムリエの高野豊氏が監修
  • イオンでしか販売していない
  • ボタニカルにタカトウコヒガンザクラが使われている

くらいの情報しか有りません。地雷の香りもプンプンしますが、ボトルがめちゃくちゃ可愛いかったので、ものは試しとトライしてみました。

米の香りが際立つ新しいタイプの焼酎ジン

 

f:id:lacucaracha:20201230044647p:plain

普段はボトルデザインなんてたいして気にしないたちですが、これは中々イケてます。ラベルの絵は、シンガポールのフィンガーペインティングアーティストのアデリーン・ヨー・松﨑さんという方のものだとか。全部指で描いているんですって。

ボトルもガラスキャップで中々のこだわりようです。ここまでパッケージデザインに力を入れるのに、なぜ商品紹介のページすら作らないのでしょうか。不思議でなりません。と脱線はさておき、問題は味の方です。

一口含んですぐに分かる。猛烈に米を感じます笑

メーカーの仙醸酒造さんは、清酒に甘酒どぶろくと、米を使ったお酒がメインの酒蔵のようで、この桜蔵のベースもおそらくライススピリッツでしょう。そういう意味では、焼酎ジンのカテゴリに入れてよいと思います。

ただしっかり桜のフレーバーもついていますし、すっごく米の甘さが強いのですが、これは十分に「ジン」を名乗っても良いんじゃないでしょうか。むしろ新しいカテゴリのジンとして、全く通用すると思います。

ちょっと小洒落たレストランで、出してみても良いでしょうし、今後の発展が凄く楽しみな商品なので、是非マーケティングのほうにも力を入れていって欲しい次第です。