桜尾 の評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20190929214943p:plain

(画像出典:SAKURAO DISTILLERY | 広島が世界に贈る、クラフト蒸留所)

 桜尾

個人評価 ★★★★☆
入手し易さ ★★★★☆
初心者向け度 ★★★★★
価格帯 ¥2083 (mlあたり¥3.0)
ボタニカル ジュニパーベリー、レモン、夏みかん、 柚子、橙(だいだい)、ヒノキ、茶、赤しそ、生姜
Floral ★★★★☆
Fruity ★★☆☆☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★☆☆☆
Bitter ★★★☆☆
Sweet ★★★☆☆

1918年、広島県廿日市市桜尾で産声をあげた伝統ある中国醸造が、2018年に作り上げた純国産ジンがこの桜尾です。

まだまだ一本4000円代を超えるプレミアム価格帯の多い国産ジンの中で、700mlが2000円と、中級価格帯で手に入り、クセも少ないため初心者にまずオススメしたい一本です。

ラインナップとしては、

  1. 桜尾GIN ORIGINAL
  2. 桜尾GIN LIMITED
  3. 桜尾GIN HAMAGOU

の3種類があります。一番手に入りやすいオリジナルは7種類のボタニカルを、リミテッドでは17種類のボタニカルを使用しています。またハマゴウには、宮島に自生する「ハマゴウ」という植物も加えて12種類のボタニカルを使用しています。

リミテッドは6,000円くらいする高級価格帯ですが、ハマゴウは3,000円くらいで入手できますので、飲み比べてみるのも良いかもですね♪

ここでは「桜尾GIN ORIGINAL」について紹介いたします。

口の中に広がる瀬戸内海の香りの幸せ

国産クラフトジンを飲む人って、もともとある程度お酒やジンが好きな人と、そうじゃないひとに分かれると思うんですよね。桜尾は、どちらかというと後者の人にオススメしたいお酒です。

何でかっていうと、すごくコンセプトが明瞭なんです。

「そもそもジンって何??」みたいな人も居ると思うんですよね。ジェニパーベリーを中心としたボタニカルで風味づけされたお酒で・・・なんて言われてもよくわかんないですよね(笑)。

この桜尾は、ジンという酒の基本コンセプトに忠実ながら「瀬戸内海の香りを再現したい!」という想いを柑橘の風味で明確に主張してくるんだけど、それは決してジンという枠をはみ出すものではない。

まずはこの桜尾で、「ジンっていうのも中々良いもんだなあ」と覚えて貰った上で、他の銘柄にも挑戦していくのが良いかもしれませんね。

購入先