香の雫 の評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20190930223106p:plain

(画像出典:森の香りのクラフトジン | 養命酒製造株式会社)

 香の雫

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ ★★★☆☆
初心者向け度 ★★★★☆
価格帯 ¥950 (mlあたり¥3.2)
ボタニカル

レモンピール、クロモジ、ジュニパーベリー、コリアンダー、リコリス、アンジェリカ、ショウガ、シナモン、カショウ、カルダモン、キャラウェイ

Floral ★★★★☆
Fruity ★★★☆☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★★★☆
Bitter ★☆☆☆☆
Sweet ★★★☆☆

お酒を作っている会社は数あれど、もしかしてビール会社を除けば日本で一番有名な会社かもしれない養命酒製造の作ったジンです。

同社の歴史を紐解くと、関ヶ原の戦いが終わった直後の1602年から、薬用養命酒を作ったことが起源だそうです。ジンというお酒も、元々薬用酒として1660年にオランダで開発されたものが起源だそうなので、非常に相性の良い組み合わせかもしれませんね。

ラインナップとしては、

  1. 香の雫
  2. 香の森
  3. 2種のグレープフルーツとハーブのクラフトジンカクテル
  4. ジンジャーとハーブのクラフトジンカクテル

の4種類があります。読み方ですが、「香の雫」と書いて「かのしずく」と読ませたいそうです。こちらは11種類のボタニカルを、上位版の「香の森」(かのもり)では18種類のボタニカルを使用しています。

香の雫と香の森の違いは、雫のほうがレモンが強く、カクテルにするにはこちらをベースにしたほうが良いかもですね。また面白いのが、カクテル版も2種類用意しているところですね。

まだまだ日本国内ではジン単体だと馴染みのない人も多いでしょうから、そうしたユーザー向けに飲み方も含めて提案しているところは中々商売上手ですね。

ここでは「香の雫」について紹介いたします。

和魂洋才の薬用酒

まず特徴的なボタニカルとして「クロモジ」が入っています。

これはクスノキの仲間の広葉樹なのですが、香の雫にも多く入っているためか、口に含むと一気に森の香りが口の中いっぱいに広がります。どことなく優しく、甘い感じがするのですが、それは砂糖などで味付けされた感覚ではなく、まさに「香り」による甘さなんですよね。

このクロモジは、養命酒にも多く使われており、古くから薬として日本人に親しまれてきました。最近ではインフルエンザの予防に効果があるという論文が発表されるなど、その効能にも期待が集まっています。

非常に優しい感じがするジンですので、人によっては物足りなく感じるかもしれません。よし、今日は飲むぞ!という日よりも、今日はゆっくり体を休めたい。そんな日にオススメの一本です。

購入先