ROKU GIN <六ジン(ロクジン)> の評価とレビュー

f:id:lacucaracha:20200320020532p:plain

(画像出典:ジャパニーズクラフトジン ROKU GIN<六ジン(ロクジン)> サントリー)

ROKU GIN <六ジン(ロクジン)>

個人評価 ★★★☆☆
入手し易さ

★★★★☆

初心者向け度 ★★★★★
価格帯 ¥4,219 (mlあたり¥6.02)
ボタニカル 桜花、桜葉、煎茶、玉露、柚子、山椒、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカルート、アンジェリカシード、カルダモンシード、シナモン、ビターオレンジ、レモンピール
Floral ★★★☆☆
Fruity ★★★☆☆
Spicy ★★☆☆☆
Herb ★★★☆☆
Bitter ★★☆☆☆
Sweet ★★★☆☆

いつも海外出張から「帰ってきたなあ」と思うのが、羽田空港でこの六ジンの広告を見たときですね。

サントリーという大企業が手掛けたているジンだけに、耳にしたことのある方も多いでしょう。その意味では「クラフトジン」というカテゴリには外れるのかもしれませんが、そこはお目溢しください(笑)。

いまやサントリーといえば、ウイスキーが有名ですね。もともと「日本人の手で、世界で評価される洋酒を作りたい!」という想いでできた会社のため、すでに1936年(!!)には"HERMES GIN" という商品も発売していたりします。そこから100年近い歴史が詰め込まれた歴史のあるジンになります。 

日本を代表するプレミアムジンを目指し、「桜花、桜葉、煎茶、玉露、柚子、山椒」を使用し、日本の季節を代表する六種類のボタニカルを使用したジンですね。勿論、ジェニバーベリーなどの伝統的なボタニカルも使用されています。f:id:lacucaracha:20200826084847p:plain

そして六角形のきれいなボトルが目を引きますねー。このまま飾っておきたいくらいですね笑

theジャパニーズ・ジン 

f:id:lacucaracha:20200826085213p:plain

20160820200355

肝心のお味のほうですが、よく言えば優等生的、悪く言えば個性の弱いジンですね。

確かに言われてみればボタニカルに使っている桜の香りはしなくもない。あとは煎茶の仄かな苦味と、山椒の刺激もしなくもない。でもそれを強く押し出して主張するようなタイプのジンじゃないですねえ。言われて初めて気がつく程度ですね。

例えば近いテーマの季の美であれば、もうガンガン個性を主張してくるんですけどね。六は、テーマを感じられるけど、「どうしてもコレじゃなきゃ!」とまで思えるレベルではない。

それぞれの個性はバランス良く調和は取れています。でも"パンチ"みたいなものは感じられないんですよね。だから全体的に「薄い」感じがしてしまう。

普段飲みなれないひとが、初めてロックやストレートに挑戦するには良いかもしれませんが、ROKU GINを使ったカクテルが飲みたい!って感じにはならないかも。ゴードンでいいじゃん、みたいな笑。

自分から主張してくれないのでなかなか良さに気づけ無い。ずーっと飲んでいると発見も多いのですが、そこに至るまではボトル一本じゃ足らないかもですね笑

まあそんなところも含めて、実に日本人らしいtheジャパニーズ・ジンといえるのかもしれませんね。値段が半分なら普段飲み用にするんだけどなー。

購入先